こどもリトミック教室balloon(バルーン)は、熊本市のベビー・キッズのためのリトミック専門教室です!

バルーンボーイと黒猫のイラスト
★ MENU の 「活動報告」 からレッスン風景などを見ることができます。

お知らせ

/pages

リトミックって何?

【 リトミックとは 】

リトミックは、20世紀初頭にスイスの作曲家、音楽教育家のエミールジャック・ダルクローズが児童心理学、大脳生理学の観点から提唱した音楽教育法です。音楽を通して音感・リズム感はもちろんのこと、子供の集中力・想像力・思考力・表現力・美しいものに素直に感動できる心を育てていきます。

小さなお子様でもはじめられる習いごととして注目を集めています。

【 リトミックを習うとどんな子になるの? 】

リトミックを習うことで、子供たちは音楽の力を身につけどんどん自信をつけています。

また音楽にあわせて身体を動かしたり、歌ったり踊ったりすることで、「音感・リズム感・集中力・空間認識能力・表現力」など様々な力を伸ばす事ができます。同時に「理解力、判断力、想像力、自主性」などを自然と身につけていきます。

これらの能力は音楽に限らず、リズム感が必要なスポーツの世界、集中力が欠かせない勉強など、様々な分野に通ずるものがあり、まさに「生きる力」と言えます。

楽器、スポーツ、ダンスなど自分のやりたい習い事が見つかるまでのファーストステップとしても役に立つ習いごとです。

【 講師より 】

私は以前、様々な理由で不登校または退学になった子供達が高校卒業の資格をとる為の「サポート校」という形の高校で音楽講師をしていました。

自分を表現することが苦手な子供が増えている中で、もっと小さな子供の頃からアプローチできないものかと考えていた頃に出会ったのが「日本こども教育センター」のリトミックでした。まさにこの教育法で子供達の「生きる力」を育てることができると確信し、認定講師の資格を取得しました。

バルーンのリトミックは講師の即興演奏にこだわっており、特別な場合を除きCDなどは一切使いません。これは、子供たちを楽器の音、講師の声や目や動き、友達の声や目や動き、などに集中させるためです。

バルーンでは3つの大切にしていることがあります。

1、音楽の土台をつくる

音楽嫌いの子供が増えています。小さな吸収の良いころから身体全体を使って音やリズムに触れ合い、それと同時に視覚を使い無理なく音符の導入をすることにより、音楽を楽しむ力の土台作りをしていきます。2歳クラスでは、ほとんどの子供達が音符を判別できます。

2、集団での楽しさを学ぶ

幼稚園や保育園に通う前に集団でひとつのことに取り組む楽しさを身につけます。集団に慣れることはとても大切です。

3、褒められる喜びを知る

バルーンではとにかく褒めることを大切にしています。子供は褒められることが大好きです。講師や他の生徒さんの親御さんからも褒められることでグングン自信をつけていきます。

>>  講師紹介

■ 場所: 熊本市北区清水新地 「麻生田地域コミュニティセンター」、 熊本市東区戸島西 「長嶺地域コミュニティセンター」、 熊本市南区田迎「田迎西地域 コミュニティセンター」

(その他出張教室も随時募集中)

■ ご連絡・お問い合わせ先・地図は  こちら

新着情報

  • 2022.1.20    「お知らせ」 に 「生徒様 及び 体験をご希望の方へ」 を掲載しました。
  • 2021.12.2    「お知らせ」 に 「令和4年度 4月生 体験会 予約」 を掲載しました。
  • 2021.12.2    「お知らせ」 に 「令和4年度 4月生 募集!!」 を掲載しました。
  • 2021.12.1    balloon Website スマホ版の メインメニューボタン の位置を 変更しました。
  • 2021.7.2    「お知らせ」 に 「空き状況(キッズ)のお知らせ」 を掲載しました。
熊本市リトミック|こどもリトミック教室【balloon】